FC2ブログ

サイレントバイオリン

母からメールが届きました。
「あの変なバイオリンまだ持ってる?使っていなかったら譲ってほしいな。」
そう。11~12年ほど前にサイレントバイオリンを買ったんです。
当時、どうしても練習したい曲があったので買ったのですが、かなり難しい。
先生に習うでもなく、ただただ一人黙々と。
初めて触るバイオリン。先生はユーチューブさん。
上達なんかしません。
ピアノのレッスンに通っていたので、ピアノの練習もしなければいけません。
バイオリンへの情熱は少しずつ遠のき、以前のようにピアノに集中するようになりました。
それでもたまにケースから出し、ちょっと弾いてみたりはしていました。
それもだんだんと回数は減っていき、いつの間にか電子ピアノの足元でインテリアの一部状態。
その後何度か引っ越しを重ねましたが、ただ持っているだけで宝の持ち腐れ。

ただの飾りになっていたバイオリンが(ハードケースに入っています)再び日の目を浴びるのであれば、喜んで譲りますよ。
それにしても私の母はよく覚えていたなぁ。と感心します。
私が持っているのは1度しか見たことがなかったのに。
クラシック好きな母ですから、ちゃんと記憶に残っていたんでしょうね。

さて、ここで困ったのが配送方法。
そんなに大きな段ボールは用意できません。楽器なんて送ったことないし。
ネットで調べたところ、緩衝材(プチプチ)で、しっかりと保護すれば配送可能だとのこと。
買いました。プチプチを。
1か月前にもプチプチ買ったばかり。あ、彼がですけれどね。
またプチプチを買うことになるとはね。
プチプチだらけ(笑)
先月は彼の持っているパソコンを梱包するためにプチプチをたくさん使いました。大きな段ボールも。
なんだか懐かしいなぁ。
まだたった1か月前の話ですが。

母から連絡があった時にすぐに楽器の調子を確認。
状態は良好。弓も弦も交換する必要はなさそうです。
あ、松脂が硬くなっていたので買い直さなければいけませんが、
松脂さえ用意してくれればすぐに弓も使えるでしょう。
弦も弓も緩めて、楽器自体にも緩衝材を。
さて、梱包準備しましょうか。


新しいことにチャレンジするのはいことですよね。
日々の生活に潤いを与えてくれます。
母の手元に届いて、楽しんでくれているところを想像すると嬉しくなります。
もう70代の母。
少しずつ上達するといいな。
先ずは音階の練習からかな?
その前に調律と弓の張り方を覚えないとね。

頑張れお母さん。






日々の出来事ランキング


年の差恋愛ランキング
スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment