FC2ブログ

どっちつかずの私

彼はほぼ「クラシック音楽(それもピアノ曲)をメインに生きてきたようです。
時にはミスチルやなんかも多少は聞いていたようですが、とにかくクラシックピアノ。
そりゃそうでしょう。3歳の頃から高校生までピアノを弾き続けてきたんだから。

私はそうではない。
もともと母が好んで聴いていたクラシック音楽、その大半はオーケーストラでした。
大人になってからピアノを弾くようになりましたが、幼少期はエレクトーンで子供らしい曲を数曲。
それに飽きて、中学生になり吹奏楽部へ。
ここでちょっとだけオーケストラ気分を味わい。音が交わる楽しさを覚えました。

そして松任谷由実さんやオフコース、松田聖子さんや中森明菜さんなどの曲を聞いて感動したり。

成人する頃にはB’zにはまり、とにかく飛びまくっていました。
ミスチルを知り、イエモンを知り、、、
クラシックから遠ざかっていく。

今でもクラシック音楽も好きで、ロックやビジュアル系も好きだったりもします。
どっちつかず・・・
時々心が不安定になりそうになります。本当の自分は何を探しているのか。


彼にB’zやイエモンの話をしてもね、ただ私が勝手に思い出話をしているだけで、つまんなさそうです。
わが子とならまぁ、話せるんですけれどね、クラシック以外の曲。
なぜかしら、B’zもイエモンの話も盛り上がる。
私は最近の曲はあまり知らないけれど、
うちの子がベースをちょこっとかじっているのでそれに合わせてピアノを弾いてみたりね。

その逆で、彼とはクラシック曲の話で盛り上がります。一緒に弾いて遊んだりもします。


なんか、二股かけてるみたいで・・・なんか罪悪感
音楽に二股も何もあるわけでもなく、純粋に全部の音の表現の仕方を楽しむ。
よく言いますよね。「音楽に国境はない」
だから両方好きでいいのかな・・・
いいんですよね?
どっちつかずじゃないですよね?
そんなジャンルが好きでもいいんですよね。





ひとりごとランキング
スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment