FC2ブログ

もう?それともまだ?

彼に、私以外で頻繁に会っている人がいることが発覚して3度目の週末を終えることができました。
(こんな恐ろしいことなのにはっきり覚えていない)・・・3月の9日だったはず。
もうそんなに時が過ぎていることに驚いています。
今回の週末始まりにこの話を知って号泣していたかのようにも思えるくらいな気がしています。
その間の記憶がないと言っても過言ではないほど、
私はどうやって今日まで過ごしたのでしょうね?
これまでの平日に、彼はその人に会った日があったのでしょうか?
多分連絡を取り合っているのは確実だと思います。
だって、私じゃ足りないんだって言ったし!
ずるずると引きずり過ぎるのはよくないとは思うんです。


「ただの友達」なんだし・・・
「ただの友達」・・・


私はいつもそうです。思ったことをその場でまとめて、
伝えたいことや聞かなければいけないことをすぐに思いつかないんです。
そして日が経つにつれ、あれも伝えておくべきだった、それも聞いておくべきだった。

会議や研修などでも、その場では思いつかないんです。後日「あの時の話なのですが・・・」
と聞きに行くような状態でした。
子供の頃は引っ込み思案で自分の意見を友達に言うなんて恥ずかしくてできない子供でした。
それでも大人になるにつれ、発言力も付き始ましたけどね。

今また、彼とその人のことでお願いしておくべきだったことが頭から出てきました。
なぜ発覚した時に気づかなかったのでしょうか?
異性の友達の家に2人だけでいることなんて当たり前なんでしょうか・・・
それをお願いすべきかどうか悩み始めました。
許せるとこは許す。けれど、ある程度の距離は置いてほしい。
先週だったかどうかも定かではないのですが、その女友達のことを話したら「またそのこと・・・・」と、鬱陶しそうに返されました。
そりゃそうですけれどね。

今どうしても伝えたいのはこの2つ

「その女の人の家には入らない。会う時は外で」
「私の存在をしっかりと伝えて。隠していてほしくない」

あまりにも嫉妬しすぎると、自分で自分を鬱陶しくも思えてきます。
「彼がつい最近、私に隠れてこっそりと去年の9月頃に出会った、「ただの女友達がいることを。」

あぁ、この書き方
最低ですよね・・・
信じ切れていない証拠ですよね。

もう、こんな事どうでもいいと思えるように早くなりたい。





ひとりごとランキング
スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment